ブロック工事で理想の塀に!工事はプロへの依頼が一番

ブロック工事のプロが作る安全なブロック塀

ブロック工事は自分でやる?業者に依頼する?

自分で行う場合

ブロック工事を自分で行う場合は、ブロックとその他の道具を揃えれば、そのまま作業に取り掛かることができます。そのため、費用はブロック代と道具代で抑えることができます。しかし、何の知識もないままブロック工事を行ってしまうと、軽い衝撃で塀が崩れてしまうこともあるので注意しましょう。

業者に依頼する場合

ブロック工事を業者に依頼した場合は、素人が行うブロック工事とはだいぶ仕上がりに差が出てきます。経験も知識も豊富なプロが行う作業なので、ブロックのズレがなく、とても綺麗な仕上がりになります。また、ブロック塀の下に基礎を作る作業も行うため、簡単には崩れないブロック塀をつくることができます。

ブロック工事は業者選びが重要なポイント

綺麗な仕上がりにするためには、ブロック工事を行う業者選びが大切なポイントになります。良いブロック工事業者は、仕上がりだけでなく、耐久性も一緒に高めてくれます。そのような業者を選べば、今後も塀を長持ちさせることができるでしょう。

ブロック工事で理想の塀に!工事はプロへの依頼が一番

工事現場

ブロック塀の高さ制限について

自宅のブロック塀を高くしたい方は、法令で決められた塀の高さを守る必要があります。業者の方に無理を言ってしまわないよう、定められた塀の高さは知っておきましょう。一番高い位置は2.2mが上限です。

高さはブロックの厚さでも異なる

ブロック塀の高さは2.2mと定められていますが、ブロック自体の厚さでもその高さ制限が変わってしまうことがあります。なぜかというと、薄いブロックは高く積み上げることで耐久性が弱くなってしまうからです。どの位の高さにしたいのか事前に決めてから、業者の方に使用するブロックの種類を相談しましょう。

ヒビ入りブロックは危険!すぐに工事を行おう

自宅の塀をチェックすると、ところどころにヒビが入っているものが見つかる場合もあります。そのようなヒビは、劣化のサインです。そのまま放っておくと、何かの衝撃で塀が崩れてしまうこともあります。危険な状態の塀はブロック工事を行って、安全な状態に戻しておきましょう。

撤去の依頼も可能

塀が邪魔で車の駐車が難しい、塀をもう少し低くしたい、そのような悩みも業者に依頼すればすぐに解決することができるでしょう。自分で撤去するとなるとかなり難しく、怪我をしてしまう恐れがあります。ブロック撤去の経験のない方は、トラブルを起こさないために、きちんと業者に依頼することが大切なのです。

広告募集中